スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

思い出の靴

2012-09-23
ショッキングな事件。それは...

ひょんなことからウォーキングツアーの補助を頼まれたので、トレッキングシューズを出してみました。
アウトドア靴は22番の箱。
2年前の引越しでダンボール箱に入れたきりでしたが、一応リストにしてあるので、すぐに見つけ出すことができました。

うわ、懐かしい! 20年近く前、フランス時代に買ったAigleのトレッキングシューズ。帰国してからはあんまり日の目を見なかったけど、これからまた活躍してもらうからね...と手にとったのも束の間。
メリメリっという音がして、ソールが丸ごと剥がれた!

ひぇ~、あまりの壮絶さに笑ってしまいました。
さすがに経年劣化ですかね(笑)

木更津のアウトレットに確かモンベルとマムートがあったはず。でも行くだけで半日潰れるし、人混みを考えただけでもぞっとする...
冷静に考えて、結局いつもの選択 ⇒ amazonで注文することに。
ちきりんさんもブログで書いてるけど、amazonは強力な味方です☆

そして、もうひとつ。
田舎暮らしでは、いま流行りの「断捨離」なんてしない方が身のためだと思っていましたが、考えを改めて身辺整理をします!

スポンサーサイト
tag :

秋支度

2012-09-22
朝夕だいぶ涼しくなりました。
もうぐずぐずしてはいられない、秋冬の準備です!

夏野菜を片付けたあと(トマトとナス、オクラ、バジルはまだ健在です♪)、堆肥と苦土石灰を入れてミニトラで耕してから、しばらく放置してあった畑。

数日前、再びニンジンの種を蒔いて(暑すぎたのか、7月に蒔いたニンジンは発芽せず...)、ブロッコリーとカリフラワー、紫キャベツの苗を植えました♪

今日は、残り半分の畝立てと種まき。鍬と鋤を手に、半日がかりの肉体労働です。
ナバナ、水菜、スティック春菊、ほうれん草、下仁田ねぎ、フェンネル。
タマネギ、ニンニクとエシャロットの球根も植えました♪

はぁ〜、疲れた。
明日は1日雨の予報なので、つい頑張ってしまいました。

IMG_0901.jpg

ぱとモモ父は、冬に向けて床暖房の温水管の設置作業に燃えてます。
今年こそ、灯油暖房を卒業したいものです☆

IMG_0902.jpg

秋支度 の続きを読む

tag :

サプライズ

2012-09-19
以前に何度か登場してもらった超大型ゴールデンのラッキー君、なんとお兄ちゃんになっていました☆
写真左が弟の 開(カイ)君です。

DSC_0682.jpg


飼い主のMさん曰く、今まで家庭犬として飼われた事の無い子で、飼育状態も良くなかったようなので、少しでも自分の世界を開いて!人間にも心を開いて!という気持ちを込めて名付けたそう。

...ええっ、それってどういうことなの?

今年の春、関西方面の某ブリーダーの施設火災で約30匹のワンコが焼死した悲しい事件がありました(ブリーダー本人も亡くなりました)。
開くんは、なんと13匹生き残った子のうちの1匹なんです。

写真を見る限り、おっとり育ちのお坊ちゃまに見えますが… 実は、想像にあまる修羅場を生き延びてきた子だったのです。
縁あって、家族の一員に迎えられたというわけ。良かったね♪

ラッキーのときも電撃でしたが、開くんのお話もビックリ仰天でした。
開くんてば、ラッキーにべったり密着。こっそり手をつないでるところがかわいいです(笑)

DSC_0720.jpg


Mさん宅はチワワ3匹+ゴールデン2匹の大☆小☆合わせて5匹!
さぞかしにぎやかでしょうね♪

DSC_0712.jpg


ご報告を頂いてから、ひと月以上も経ってしまいました。もうだいぶ慣れた頃かな?

うちもいつか家が完成して、快適な生活が送れるようになったら、もう1匹迎えようかなあ…。
あ、ぱとモモに聞いてからですよね(笑)

tag :

寺めぐり

2012-09-13
勉強会のメンバーで、安房の三名工の1人、武志伊八の作品を訪ねました。
市外にある伊八の作品をじかに見るのは初めてです。

鋸南と南房総の合計6カ所のお寺をまわったのですが、(軽ではなく)セダンだし、地理感もあるからという理由で、下っ端の私が運転手を引き受けることに。

あ、まずい! 

後部座席には犬の毛がついてる上に、2日前に買って帰った堆肥の臭いがかずかに残っている…
車は日頃からきれいにしておくものですね、田舎では特に…(笑)

 ***

存林寺というお寺にある、丸々と太ったうさぎ、波と宝珠の彫物は逸品。

IMG_2038.jpg

ここには、菱川師宣のお墓もあるそうです。
禅寺らしい円いお庭が素敵です。またゆっくり訪ねたいお寺です。

IMG_2043.jpg


智蔵寺は、これまた風流な場所にありました。何たって山号が富士山ですよ。
風情のある階段をのぼっていきます。

本堂で迎えてくれたのは、タヌキ和尚♪

IMG_2057.jpg


欄間にからみつくかのような龍。この立体感、いまにも降りてきそうな迫力です!

IMG_2053.jpg

IMG_2052.jpg


安房にもいいお寺がたくさんありますね。
炎天下のドライブでサングラス焼けしちゃったけど、おかげでまた新しいスポットを覚えました。
参加して良かったです!



tag :

脱穀&籾すり

2012-09-10
よく晴れた日曜日、炎天下の脱穀作業となりました。
脱穀自体は機械でやってしまうので、はざかけの竹を片付ける作業に終始。
社会人1年生のグループが参加してくれたおかげで、はかどりました!
田んぼにどんどんわらの山ができていきます。

IMG_0881.jpg


IMG_0882.jpg


ちなみに、刈取りから脱穀までの一連の収穫作業を一台でやってしまう機械がコンバイン。
実は私、コンバインが何をする機械なのかすら、よく分かっておりませんでした(笑)

木陰で休憩しながらの、長老たちとのおしゃべりが和みタイム。
80代とは思えない強靭な体の持ち主です。昔はどこへ行くにも背中に荷物を背負って山を越えていったので、足腰が丈夫なのでしょうね。

  ***

その翌日、乾燥させたお米の籾すりに立会いました。
籾すりとは、籾から籾殻を取り除いて玄米に仕上げる工程のこと。

昔ながらの農家さんの古めかしい納屋のなかに、立派な籾すり機が鎮座しているのはなかなかシュールな趣があります(笑)

IMG_0884.jpg


その昔、生家の縁側に置いてあったぴかぴかの赤いストーブが怖くて泣いた子供の頃を思い出しました。何か異質なものが自分に向かって威嚇していると感じたのでしょうね。

もうひとつ、昔はこれで計ったんだよと長老が見せてくれたのが、一斗升と酌棒。
え〜!これでよく遊んだものです。懐かしい〜!

そんな思いに耽りながら、米袋を取り替えること34回。
2時間ほどの作業で、無事に今年の収穫量を見届けるお役目を果たしました。
お米は今月末の収穫祭にて、22件のオーナーに配布されます。
今年は昨年にも増しての豊作だそうです! 自然の恵みと長老たちの見事なチームワークに感謝、感激でございます♪

IMG_0885.jpg
tag :

収穫

2012-09-03
このあたりでは8月末からすでに稲の収穫が始まっています。
さすがにコンバインで収穫するのが普通ですが、小さな田んぼでは手で刈り取る人もまだ多いです。
黄金色の美しい稲穂!

IMG_0867.jpg


オーナー制度に参加している集落の棚田で、収穫作業をしてきました。
鎌で刈り取ってすがい縄で結わえた稲を、逆さに「はさがけ」にして乾燥させます。
ひとつひとつの工程に、ちょっとしたコツと理由があるのでした。

IMG_0868.jpg


新聞紙1枚分の田んぼから約10株、お茶碗3杯分(=大人ひとりが1日に食べる量)のお米がとれるそう。
うちの場合は、2人で1日分かなあ。
この四方を笹で囲った部分が新聞紙1枚分の面積(0.444平米)です。

IMG_0865.jpg



刈り取ったお米の香りは日本酒の匂いがする!とぱとモモ父。
また変なこと言ってる…と思っていたら、これが実は正解!

これって稲穂につくカビの一種、種麹菌(Aspergillus Oryzae)の香りなのですね。
酒や味噌、醤油づくりに欠かせない麹、最近では「塩麹」で注目されているあれです。
稲作と発酵食品の関係の奥深さを知りました。
こんなことすら知らなかった私。農業から学ぶことばかりです。

普段はワイン派なのですが、夜は和食で地酒をいただきました。


翌朝起きたら、ハムストリングスが痛い…!
来週は脱穀作業です。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。