スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

セミ捕り

2014-09-01
早いもので9月。
夏も終わりが近づいてきましたね〜。ここ数日は、早朝の気温が20℃を切っています。

さて、我が家の2匹はセミが大好物。羽ごとバリバリ食べてしまいます(驚)。
こちらはツクツクボウシやニイニイゼミ、ヒグラシなど、羽が透明なセミが優勢です。
東京のアブラゼミより味が劣るのか(?)、以前ほど興味はない様子。

それでも音を聞きつけて、生け捕りを狙うモモ。
IMG_3374.jpg

パットさんは棚ぼた派(笑)
お見せできないのが残念ですが、2匹の連携プレーはなかなかすごいですよ♪

スポンサーサイト
tag :

再会

2014-07-04
2年ぶりにP叔父がやってきました!
10日間ほど一時帰国していたぱとモモ父。帰路は2人で一緒に空の旅をしてきたというわけです♪

空港でバスを待っていたら、「YOUは何しに日本へ?」のTVクルーに取材されたらしいです。
ギターを担いでいたP叔父。弾いてくれませんか?と言われ、カメラの前でちょっとだけ弾いたそうですが、トラベルギターなのでアンプなしでは音が出ない(笑)
没になる可能性が高いですが、もしかすると放映されるかもしれません。

モモはP叔父が大好き♡ 
その歓迎ぶりといったら... 尋常ではありませんでした。
お散歩のときも本当に嬉しそう。この調子で皮膚病が治るといいのですが☆

IMG_3270.jpg

おみやげのローハイド(牛皮のガム)♪


tag :

看板犬

2014-04-12
近所のガソリンスタンドの看板娘、レンちゃん♪

IMG_1915.jpg

ぱとモモ父のことが大好きで、呼ぶとすっ飛んで来て、軽トラにちゃっかり乗ってしまいます。
デートに連れて行ってもらえると思ってるのかも(笑)
こんなかわいい女の子になつかれては、たまりませんよねぇ♪

レンちゃんは屋久島犬
体は小さいけれど、イノシシ狩りで大活躍しています。
狩猟のシーズンは終わってしまったので、ちょっと太ったかな?

tag :

皮膚科

2014-03-10
モモの皮膚炎、まだまだ治りません。
包帯作戦も、患部が乾かずにかえって悪化させてしまいました(泣)
獣医さんも手だてがなく、とうとう皮膚病の専門医の話が出ました。
引っ越す以前の獣医さんからも聞いていた先生です。
「あ、調布のセンターですよね。知ってます! 以前あのへんに住んでいましたので...」

遠いので通院は無理にしても、専門医によるアドバイスが欲しいと思い、一度行ってみることを決断。
早速、獣医さんを通じて予約を入れてもらい、当日は絶食で朝6時に出発です。
もちろん一家総出、気の毒なのはお供のパットさん(笑)

中央道から富士山☆

IMG_2890.jpg

途中休憩しながら、3時間近くかかって到着しました。
いやはや、超懐かしの深大寺ドッグラン。お世話になったドッグホテルもこのへんだったわ〜♪ 
まさか、また犬連れで調布に来る機会が訪れるとは夢にも思わなかったです。

とても温和な院長先生、時間をかけてじっくり診てくれました。モモの生い立ちや生活環境についても詳しく聞かれました。インターンの若い先生たちが4人もいたのにはビックリ。
組織検査に血液検査、レントゲンまで撮りました。結果はすぐには出ないものの、おそらくは心因性の部分が大きいだろうとのことで、ヒビテンというピンクの消毒薬で毎日足を洗うことと、抗不安剤とアンチノールというサプリメントを処方されました。

あとは悲しいかな、老化という要素も... モモが11歳ということをふだん意識することがほとんどなかったのは事実。
犬も人間のように、歳をとるとあちこちトラブルが出てくるとのこと。

寄り道せずにまっすぐ帰りましたが、アクアラインの事故渋滞でやはり3時間超(泣)
地元の獣医さんのこれまでの治療は方向性として間違っていなかった、これがわかっただけでも収穫だったと思います。
まだ検査の結果待ちではあるけど、毎日の足洗いで患部がだいぶ乾いてきました。
今後、診断結果と治療方針を地元の獣医さんに引き継いでもらうことになります。

IMG_2897.jpg

姉ちゃん、ボクがついてるよ。一緒に頑張ろうね♡


tag :

アレルギー検査

2014-02-01
モモの指間炎の続きです。左後ろ足がだいぶ治ってきたと思ったら、今度は右前足を舐めはじめて... またひどくなってしまいました(泣)

先週のアレルギー検査(40項目)の結果は、食べ物やハウスダスト、樹木が原因である可能性はかなり低いと出ました。先生に何度も顕微鏡で見てもらっていますが、患部組織からカビ菌や虫の類は見つかりません。
こうなるとやっぱりストレス性のもの...?

ジルケーン
というサプリメントを勧められました。花火の音を怖がったりお留守番が苦手だったりする神経質な子の不安をとりのぞく効果があるらしいのですが、どうでしょうか。

モモは頭のいい子です。エリザベスカラーにもすっかり慣れてしまい、飼い主の目を盗んでこっそり舐める術を覚えてしまいました。まさにイタチごっこ。

フリースのマフラーをリメイクして、改良版を作ってみました♪

IMG_2453.jpg

IMG_2452.jpg


舐めなければ飛躍的に治るのですが、あと少し!というときに、いとも簡単に舐められてしまって元通り...というパターンの繰り返しなので、油断はできません。

原因となっている要素をいくつか考えてみました。
1)杉の葉っぱの棘が刺さる。
→ 家の周りに一年中落ちているし、確かに指の間の柔らかい皮膚に刺さりそう。でも普段のお散歩で100%避けて通るのは難しいかも。

2)暇をもてあましている。
→ モモはもともと外にいるのが好きな子でした。以前住んでいた家では、天気のいい日はベランダで過ごし、通る人や犬を眺めていましたから。
そういう意味では毎日の刺激がなくて、つまらないのかもしれません。でも引っ越してから3年以上も経っているし、いまさらそれがストレスになっているとは思えないんですよね。

そんな話をしていたら、早速モモのために仮設デッキを作るのだ!とぱとモモ父が息巻いております〜(苦笑)

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。